髪にいいシャンプーランキングを知るサイト

髪にいいシャンプーってなに?

髪にいいシャンプー

髪パサついていませんか?

 

デリケートな女性の髪はトリートメントやヘアクリームで整えるだけじゃダメですよ。

 

髪が芯から痛んでいたら、本当の艶は出てきません。

 

では何故、髪が傷んでしまうのでしょうか?

 

髪を傷める原因はシャンプーです。

 

スーパーや薬局で販売されている、
安価なシャンプーは食器洗剤と同じような成分で出来ています。

 

石油成分から作成した活性剤で、
皮脂を根こそぎ洗い流します。

 

そして髪の傷んだ部分をシリコン等で包んで、
見せかけの艶を出すのです。

 

根こそぎ汚れを落としてワックスをする。
車の洗車と同じですね。

 

同じ理由でリンスもNGです。
リンスは髪に艶出し成分で被っているだけです。
髪に栄養を与えることはありません。

 

昔に流行ったリンスインシャンプーなんてもってのほかです。
リンス成分が頭皮洗浄や髪への栄養補給を妨げます。

 

髪に良い影響を与える訳がないですよね。
頭皮も悲鳴をあげています。

 

トリートメントはOKです。
余分な皮膜を作らずに栄養のみ与えます。

 

まっとうな美容室ではシャンプーとトリートメントのみです。

 

 

髪にいいシャンプーとは、

 

ノンシリコン
石油洗浄成分未使用

 

まずはこれから選んでください。

 

洗浄成分はアミノ酸系が肌に優しくてお勧めです。

 


コーティングはシリコンではなく天然素材で

 

シリコンとは金属を科学合成して生成した無色で撥水性がある合成物質です。

 

用途は多岐にわたり、ゴム製品やカーワックスに使用されます。

 

撥水性の幕を作成するので、艶出しと保護効果があります。

 

車や自転車ならピカピカになって良いですが、人間の体をゴムで覆ったらどうなるか?

 

ちょっと怖いですよね。

 

でも実際市販されているシャンプーにはシリコンが入っているのです。

 

結果、髪や頭皮にダメージを与えて、枝毛や抜け毛の原因になるのです。

 

シリコンの効果としては、艶出しとサラサラ感の演出があります。

 

その効果を天然素材で発揮するシャンプーが日頃から使いべきいいシャンプーです。

 

素材としては、馬油、コラーゲン、ケラチンなど、メーカーが色々と工夫を凝らして開発していますので、自分にあったシャンプーをお選びください。

毎日肌に触れるもの

シャンプーは毎日肌に触れるものです。

 

皮膚は常に呼吸して新陳代謝を繰り返していますので、吸収する力があります。

 

人体に悪い影響がある薬品を塗り続けると、皮膚が炎症を起こしてしまうのも当然のことですよね。

 

シャンプーは直接頭皮にこすりつける事になりますので、使用されている成分で頭皮に対する影響は計りしれません。

 

ですから、石油から精製された成分は未使用で、天然成分のみを使用した髪にいいシャンプーを使いたいものです。

 

しかしいざ手に入れようとすると、中々見つけることが出来ません。

 

スーパーやドラックストアで販売されている商品はほとんどNGと考えてよいでしょう。

 

良い品は口コミ等で広まりますので、ネットの口コミサイトを参考にするのも一つの手だと思います。

 

通販ではちょっと値段がお高いですが、髪にいい製品を販売していますので利用する価値はあると思いますよ。

 

それでも沢山の商品がありますので、本サイトでは少しでも貴方の商品選びの参考になればと考えています。